スマホ版を見る
トップ  >  仕事探しのコツ  >  応募先への電話のかけ方、取り方
仕事探しのコツ

応募先への電話のかけ方、取り方

仕事探しをしている人にとって、応募先の企業への印象を良くしたいという思いは皆同じです。

その為、応募にあたっていろいろな情報を見たり聞いたりして、その対策をしている人は多いと思います。

しかし、面接の対応はいろいろなところでその例などが出ているので、心得ている人は多いと思いますが、応募先への電話のかけかたについては、意外とそのマナーについてしっかりとした説明がなされていないことが多いものです。

しかし、企業と一番最初に接する機会が、実は求人に応募するために申し込むことであり、その申し込みの時点で、すでに企業はその人を評価し始めているのです。

特に難しいのが、電話で求人の申し込みを行ったり、面接の約束をする場合などの電話応対です。

企業に勤めた経験のある人は理解できると思いますが、電話は相手の顔や姿が見えない分、話し言葉や声で相手の人となりを推測するしかないため、しっかりとした応対をしないと、相手に悪い印象を与えがちです。

逆に、電話対応が上手だと、相手に想像以上の好印象を与えることもあるので、意識しておかなければいけません。

重要なのは、はっきりと明瞭に話をすることです。

相手も忙しいので、何度も聞き返さないといけないような状態になると、嫌な印象を持つものです。

その為には、実際に会って話をしているときよりも少し声のトーンを高めにして、ゆっくりめで話すようにすると良いでしょう。

特に電話の声は低いトーンだと聞き取りにくくなる特性があるので、声のトーンを高めにゆっくり話すと、とても聞き取りやすくなります。

また、会話の中では、相手の話をさえぎるような話し方は厳禁です。相手の話を最後まで聞いてから、一呼吸おいて、自分が話し出すようにしましょう。そうすることで、相手は自分の話を聞いてくれる良い印象を持ちます。

こちらから電話を掛ける場合は、相手の仕事の用事を妨げることになるという意識を持ち、よろしいでしょうか、の一言を必ず添えることが大切です。また、相手からかかってきたときは、あまり呼び出し音を鳴らす前に出ることを心がけましょう。

また、数回鳴らしてしまったときは、お待たせして申し訳ございませんの一言を添えることも大切です。

相手が自分のために貴重な時間を割いて対応してくれているという意識を持って、電話応対を行うことが重要です。

これらのことは、社会人として働いている人たちにとっては当然のマナーですが、仕事探しをしている人にとっては不慣れなことかもしれません。しかし、企業はそのような基本的なマナーを心得ている人を選ぶものです。
前
説得力ある志望理由を作る
カテゴリートップ
仕事探しのコツ

地図から検索

地図から検索

メニュー