スマホ版を見る
トップ  >  良い人材を獲得するコツ  >  ハローワーク経由で優秀な人材を採用するコツ
良い人材を獲得するコツ

ハローワーク経由で優秀な人材を採用するコツ

全国主要都市に必ず設置されている行政機関である、公共職業安定所、通称ハローワーク。

平成26年の設置数は本所が436ヶ所、出張所が95ヶ所、分室と呼ばれるものが13室、合計544所存在し、職員・相談員の数をあわせると全国でおおよそ28,000人弱の人員体制をとられています。

職業相談を始め、紹介業務を行っているのはもちろん、そこで公開している求人を受理しているのも、ハローワークです。

何といってもこちらへ求人を出す最大のメリットは、無料、経費がかからないという点でしょう。
それに加えて厚生労働省が管轄する職業紹介機関である為、安心出来るという点、さらには全国で統一、どこの所在地の求人が誰でも見る事が出来るという点が大きな魅力でもあります。

全国2,000,000人以上の求職者に対して広く人材獲得するチャンスがあります。

仕組としては、はじめて募集を出す際には最寄の安定所を訪れ、事業所登録を済ませます。そして求人の条件などを求人申込書に記入し、公開という流れを持ちます。

公開期間は原則、提出日の翌々月の末日までとなっています。

どれだけ魅力的な人材を確保するか、それは公開する求人票の記入で大きく左右されると言っても過言ではありません。

求人票には様々な項目があります。事業所名、所在地、就業場所はもちろんの事、一番求職者が目にするのは職種、仕事内容、賃金、就業時間、休日欄です。

特に仕事内容によって会社の雰囲気すら伝わります。あらかじめ詳しく記載をしておくことにより、見合いそうな応募者以外の希望が減ることも考えられます。いい人材が集まらない、また、採用後にすぐ辞めてしまうといった問題を解決する為にも仕事内容欄の充実は非常に重要となります。

そして他社との差別化を図る為、会社独自のアピールポイントを忘れず載せる事も大切です。
そして選考方法も、応募者を全員面接するのか、事前に応募書類を提出、書類選考とするのかを選ぶことが出来ます。

今は応募書類イコール履歴書、これだけではありません。職務経歴書を併せて送付する様記載しておけば、どんな人材かをある程度把握しておくことが出来ます。

公開方法にも種類があります。事業所の希望に合わせ、インターネット上の検索サービスに事業所名や電話番号等の求人情報を掲載することもできます。広範囲で人材を募集する事が出来る反面、応募が集中したり、まれに職探し以外の問い合わせが入ることも考えておくとよいでしょう。
前
求人掲載の効果的な掲載方法
カテゴリートップ
良い人材を獲得するコツ
次
主婦を採用するコツ

地図から検索

地図から検索

メニュー