スマホ版を見る
トップ  >  良い人材を獲得するコツ  >  採用成功のために面接官が気をつけたいこと
良い人材を獲得するコツ

採用成功のために面接官が気をつけたいこと

優秀な人材獲得を目指すには面接官の目利きが大切です。

正社員を採用するのであれば長期間働いてもらうのを前提となります。

ですから短期間で仕事が思っていたよりも違う、採用者の理想とあまりにもかけ離れているような状態ですと、短期間で退職してしまう可能性が高まります。

採用活動にかかる費用が多額になってしまい、人材獲得をしてより多くの収益を得るためにはしっかりとした面接が必要となります。

最近は面接を行う前に書類選考実施する企業が増えてきました。

履歴書や職務経歴書を基に面接を行うかどうかを決定する選考試験です。応募書類である履歴書や職務経歴書を作成するためには、時間をかけて受験する企業に向けた作成が必要となります。

ですから、本当にその企業に入りたいのかそれともどこでも良いので、入りたいのか選別することが可能です。ここでふるいにかけることによって、面接対象者を絞り込むことができて要領よく採用活動ができるようになります。面接選考でも真剣に応募しているか、どうかを確認する必要がありますので、志望動機や自己PR だとても大切になります。

今までの経歴としての経験やスキルも大切ですが、どれだけ企業に対する思いを持っているかどうかを確認することが大切です。ミスマッチが発生してしまうと、最終的に内定を出した時に辞退されてしまったり入社して数日で退職されて振り出しに帰る原因となります。

最近の傾向として早期にミスマッチと判断し、退職する方が多いのが現状です。このような時代の背景をしっかりと把握し、採用活動を行うようにしましょう。

応募情報を求人誌やインターネットの求人情報サイトへ出しますと応募が殺到するでしょう。最近はインターネット上に履歴書機能を登録することができるような便利なサイトがあり、そのまま書類選考を行うことが可能ですが、より真剣度を確かめるために、履歴書と職務経歴書を郵送で提出してもらうことによって、本気度を確かめることが可能です。

もし、軽はずみな方法であれば応募する側としては面倒くさいと思いそのままアクションする事はないでしょう。本気で企業に応募したいと思う方であれば、何度も書類を見直し、完璧な書類を提出することでしょう。

せっかくの便利な機能ですが、書類選考だけはしっかりと行うことで的確な人材を見極めることが可能と言っても過言ではありません。面接選考についても採用する側は時間を確保することが必要となり、体力も消耗します。要領よく行うためにも工夫することが必要でしょう。
前
応募の集まる採用ホームページの展開の仕方
カテゴリートップ
良い人材を獲得するコツ
次
書類選考時に重要視したいポイント

地図から検索

地図から検索

メニュー