スマホ版を見る
トップ  >  良い人材を獲得するコツ  >  面接者のこのポイントを見れば採用は失敗しない
良い人材を獲得するコツ

面接者のこのポイントを見れば採用は失敗しない

企業にとって優秀な人材獲得はとても重要であり企業の未来や存続にも関わることだといっても過言ではありません。

企業の募集欄をみてたくさんの方が応募してくるのですがただ、会社の募集を出すだけでは通り一辺倒で終わってしまいます。

会社入社を希望する人たちは履歴書を書いてきますので履歴書や面接でいかに有望な人材をみつけだせるかの種をまくことが必要になってきますし、応募してくる人たちにとっても会社の内容が把握できるようにするのも大切です。

会社を設立した考えやその会社の業務や内容についてのこだわり、社員に対しての考え方や社風、先にどんなビジョンがあってどういう目標をかかげているかなどを会社側もわかるように明示することで応募してくる側も給料や待遇だけでなく考え方に自分があっているかどうかを考えたうえで応募してくるようになるのではないでしょうか。そうすることで最初の段階である履歴書の志望動機の欄での判断がしやすくなります。

応募してくる人たちもこの志望動機については考えて考え抜いて書いてくるものです。

そのため会社のことを調べたうえで書いてきますので会社の考え方などを明示すれば相手がきちんと会社を調べたうえで応募してきているかが最初の段階でわかります。

そのうえで面接になりますが面接者もすでに応募者が会社の方針などを知っているうえでの質問ができますしそこからさらに意欲の部分であったり会社できちんと長く勤められるかの判断がしやすくなるはずです。

学歴や資格なども大切ですがそれだけではなく会社に入った後も新入社員の場合は教えれば伸びていける人材かどうか、転職の場合でしたら即戦力になり得るかさらに伸びしろがあるかなどを判断できるのではないでしょうか。

また、面接者に重点を置いて面接での重視を考える場合採用に関しての専門の人を依頼して面接を担当してもらう方法もありますがその際にはあらかじめ会社の希望する人材や会社の考え方などをきちんと伝えて面接者になってもらうことが必要です。

採用したもののふたを開けたらまったく違った人材であったということはよくありがちです。それは短時間で見抜いて決めなければならないからです。

場合によっては試用期間を設けて人材を見極める方法をとっているところもあるようです。どちらにしても面接者の方はそれに関しての書籍やセミナーなどに参加するなど試行錯誤することが大切だといえます。言わば、応募者同様に企業側も必死になることが大切です。
前
書類選考時に重要視したいポイント
カテゴリートップ
良い人材を獲得するコツ
次
小さい企業こそ筆記試験は大切

地図から検索

地図から検索

メニュー