スマホ版を見る
トップ  >  仕事探しのコツ  >  押えて差を付ける、応募書類の郵送方法
仕事探しのコツ

押えて差を付ける、応募書類の郵送方法

仕事探しの上で、まず誰もが突破しなければならない最初の関門が書類選考です。記入した応募書類を他の多くの候補者と差を付けて見せたいものです。その際、どういったことに心がけたらいいでしょうか?

まず応募書類の代表格である履歴書、職務経歴書です。

いずれもワープロ作成で構いませんが、もし直筆に自信があれば、履歴書は手書きで作成しましょう。
というのもワープロ打ちは、きれいに見えますが、一点応募書類の使い回しを採用担当者に疑われる可能性があることです。手書きであれば、その企業に応募するために相応の時間を割いていることが証明できます。

但し悪筆で作成すれば逆効果です。「きれいでなくても丁寧であればいい。」と言われることもありますが、やはりきれいな字に勝るものはありません。従って字に自信がなければワープロ打ちにしましょう。

写真は鮮明なものを張り付けます。

職務経歴書は自筆で氏名を記入し、その横にまっすぐにかすれないように印鑑を押印します。

代表格の応募書類は、履歴書と職務経歴書ですが、添え状も必ずつけましょう。
自己紹介と志望動機を簡潔にまとめたサマリーと思えばいいでしょう。
 
これも字に自信があれば直筆で奉書に記入するのがベストです。そうでなければワープロで作成します。

もし可能であれば推薦状を用意しましょう。
あなたの取引先や有識者による推薦状は、プラスの印象を与えます。

作成した応募書類は必ずクリアファイルに入れましょう。
こうすることで、せっかく作成した応募書類を折り曲げずに済みます。

さて、一式応募書類が揃ったら、再度内容を確認し、郵送の手続きに入ります。

応募書類は採用合否に関わらず、返却されることは多くありません。必要に応じてあらかじめコピーしておきましょう。

郵送時の封筒はA4の上質の白封筒を使いましょう。
茶封筒は避けてください。明らかに郵送の手間暇を惜しんだように思われてしまいます。

また、募集後すぐのタイミングで郵送するため、応募締切までは十分な期間があったとしても、速達で送るようにしましょう。
一日でも早く応募したいあなたの気持ちがダイレクトに採用側につながります。

こういった手間暇をかけることで、あなたの書類一式は他の応募者とは段違いに差をつけることができます。

面接まで進んだ時に備え、コピーを取った履歴書、職務経歴書の内容によく目を通し、書類記入内容に関する質問には回答できるように準備をしておくことです。
前
手を抜いてはいけない応募や面接時のマナー
カテゴリートップ
仕事探しのコツ
次
これがあると好印象、送付状の書き方

地図から検索

地図から検索

メニュー