スマホ版を見る
トップ  >  仕事探しのコツ  >  これがあると好印象、送付状の書き方
仕事探しのコツ

これがあると好印象、送付状の書き方

仕事探しで重要なのは自分のことを書類で相手に上手に伝えられるような書類の書き方を学ぶことです。

現在の就職活動では多くの応募者がいることが通常ですので、書類で選考を行うことが最初となります。

書類で選考を行うときはその書類の書き方や読みやすさが非常に重要となってきますので、書類の書き方が仕事探しの良しあしを決めるといっても過言ではありません。

ここでは好印象を与えるために添え状の書き方を紹介します。

まずは書類を書く前の基本的なことです。

添え状を書く場合はパソコンで描く場合もありますが、手書きを行う場合は黒の万年筆もしくはボールペンを使わなければなりません。

鉛筆やシャープペンシルでは消えてしまうことがあるためです。

そのため最近発売されている消せるボールペンは使ってはいけません。

現在では添え状などの応募書類には消せるボールペンは使用してはいけないという注意書きがありますので、記入する際は自分の使用しているボールペンが消せないものかどうかを確かめて行うようにしましょう。

そして間違えた場合には最初から書き直すようにしましょう。

そして応募書類に記入するときは名称を略したものを使用しては正確にその内容を知ることができなくなりますので、正式名称を記入しなければなりません。

資格や学校名、企業名などを記入するときはしっかりとその公式の名前をインターネットなどで調べてから正式名称で記入するようにしましょう。

名前が変更されている場合には、当時の名称を書いた後ろにカッコ書きで現在の名称を記入しましょう。

ほかにも細かい注意点はいくつもあります。応募書類ごとに西暦や和暦だったりすると読んでいて混乱しますので、統一するようにしましょう。誤字脱字には絶対に注意しなければなりません。

誤字脱字はそれがあるだけで必要な知識や常識が足りないと判断されるきっかけとなりますので、時間を空けて点検するようにしましょう。

また提出するときの注意点ですが、応募書類のコピーを取っておくと便利です。

それは面接の際には応募書類に記載した内容を基本とした質問をされることが予想されますので記載内容と矛盾した内容の返答をしないように事前にしっかりと考えておきましょう。

また残念ながら落ちてしまった場合でもあとで応募書類を見直すことでどうして落ちたのかについて考えることが可能になりますので、今後の参考にすることが可能になります。

仕事探しには気持ちが大事ですのであきらめずにがんばりましょう。
前
押えて差を付ける、応募書類の郵送方法
カテゴリートップ
仕事探しのコツ
次
面接で絶対に聞かれる質問とその対策

地図から検索

地図から検索

メニュー