スマホ版を見る
トップ  >  仕事探しのコツ  >  職務経歴書の基本の書き方
仕事探しのコツ

職務経歴書の基本の書き方

仕事探しをする時には履歴書を用意する必要があります。履歴書とは学歴やこれまでの職歴等を箇条書きにした物で、その人が今までどんな人生を送って来たのかをうかがい知れる書類と言えるでしょう。

履歴書と共に大切な物とは職務経歴書でしょう。履歴書との違いは学歴の記載が無い事は勿論ですが、履歴書に書かれた職歴を更に詳細に記したものという事になります。

この職務経歴書は、企業の求人募集に対して採用をして貰う為に自分をアピールする物となります。

履歴書のように単に今までの経歴を記すだけでなく、求人をしている企業が求めている事に沿った今までの経験においてどのように能力を発揮して来たかという事を戦略的に書く必要があります。

文章の内容は勿論の事ですが、その文章の構成力や書類の作成能力をも企業はチェックするという事です。更に自己をアピールするという事でプレゼンの能力も見ているようです。職務経歴書とはそのような意味でも求人企業に対して自分を表現する最良の機会となるので、気持ちを抜かないように作成をする事が大切と言えます。

職務経歴書の具体的な書き方とは、まず白の無地の用紙をA4版の縦向きとして、文字は横書きに書いて行きます。

作成する用紙の枚数は1枚から2枚が適当とされていて、多くても3枚程度で留めるように文章を編集して行きます。

現在ではパソコンで作成する事が通常となっているようです。その場合には本文フォントの大きさを統一するようにして、見出しはフォントを大きくしたり字体や太さを変更したりして見やすくメリハリのある構成にすると良いようです。

文章のレイアウトとは、文章を見やすくするだけでなく企業の採用担当者に文章作成能力をアピールする最大の機会となる事を念頭に置く事も忘れていはいけない事なのかも知れません。

文章は長くならないように気を付け、自己をアピールする文章や志望の動機以外の文章を書く時には、「です、ます」等を文末に入れずに体言止めをするとスッキリとした文章にする事が出来るようです。

文章の作成については以上のような事を気を付ける事で、随分を読み手の印象も変わって来るのではないでしょうか。

そして、その他にも気を付けたい事では、全ての書類等を通して日付を記入する時には和暦にするのか、西暦にするのかを統一すると良いようです。

また取得している資格を記入する時には、具体的に省略のない名称を記入します。会社の名称等も正式な名前を記入します。前職において守秘義務となる事柄を記入する事もモラル違反と判断されてしまうので、注意が必要となります。

基本を重視して求人企業の記憶に残る職務経歴書を作成したいものです。
カテゴリートップ
仕事探しのコツ
次
採用担当の目に止まる!履歴書の書き方

地図から検索

地図から検索

メニュー